カーテン生地の種類




カ-テン生地の種類と特徴
種類
特徴
使用方法
織物
色染めした糸を使って、複雑な柄を織り上げた生地。
糸の密度が高く、高級感が有り、飽きのこない物が多いようです。
厚地カーテン。カーテンを二重に吊るときに、室内側に吊るカーテン。
プリント
生地を織り上げてから絵柄をプリントしたもの。
色柄がはっきりしていて装飾性は豊かですが、好き嫌いが出やすい生地です。
ケースメント
織りがやや粗く、ざくざくした風合いが有ります。一般家庭での使用頻度は高く有りませんが、外部からの視線が気にならない玄関や応接間などに使用することがあります。
通常一重吊りで使用し、厚地と薄地の中間の機能を持った物。
レース
織り目が粗く透視性が高い。
白色の物が多く、室内の調光やムード作り用いられます。
日中は厚地カーテンを開けている事が多いので、意外に重要な存在です。
薄地カーテン。カーテンを二重に吊るときに、窓側に吊るカーテン。
ボイル
細い糸で細かく織ってあり、しなやかで美しいウェーブが出来ます。
レースと同じ用途に使われますが、レースほど透視性が高くは有りません。


カ-テン生地の素材と特徴

種類
特徴
弱点

動物繊維
  • 丈夫で長持ちである。
  • 手触りが柔らかで、しわになりにくい。
  • 上質な光沢がある。
  • 染色は容易で、色に深さがある。
  • 保温性・吸湿性・耐水性が良い。
  • 日光によりもろくなりやすい。(変色する)
  • 虫に弱い。
  • カビが出やすい。
綿
植物繊維
  • 耐磨耗性・吸湿性に優れている。
  • 染料に良く染まり、色相は良好です。
  • 虫に抵抗性がある。
  • 日光により変色する。
  • しわがよりやすい。
  • カビが出やすい。
  • 燃えやすい。

植物繊維
  • 非常に丈夫である。
  • 耐水性が高い。
  • 綿よりやや燃えにくい。
  • 熱湯・日光・石鹸・アイロンがけに強く、変色しない。
  • 洗うと収縮する。
  • 酸・アルカリ・漂白剤に弱い。
  • 平均に染まりにくい。
レ-ヨン
再成繊維
  • 染色が容易でよく染まる。
  • 虫に強い。
  • シミ抜きが容易。
  • 変色しにくい。
  • しわになりやすい。
  • カビが出やすい。
  • 燃えやすい。
アクリル
合成繊維
  • 柔らかく、温かく、ソフトな感触がある。
  • 鮮やかな色に染まる。
  • 燃えにくい。
  • しわになりにくい。
  • 虫に強い。
  • 吸湿性が少ない。
ポリエステル
合成繊維
  • しわになりにくい。
  • 水を吸わなく、ぬれてもすぐ乾く。
  • 耐熱性に優れている。
  • 虫に強い。
  • 染色には特殊な染料を用いる。
  • 帯電しやすい。
  • 勢いよく燃える。