メンテナンス



カーテンのお手入
厚手のドレープカーテンは、空気中のほこりを吸着する為、思いのほか汚れ易いものです。一週間に一度ぐらいは、ほこりを払うよう心がけましょう。
カーテンは陽の当たる場所にあり、生地の傷みも激しく、ほこりで変色しやすいので半年〜1年に1度位は洗濯を心がけましょう。
洗濯は、取扱絵表示の内容をご確認の上間違いのないようにお願いします。
カーテン生地の取扱絵表示












洗濯の際のご注意
  • カーテンフックは必ずはずしてから、洗濯してください。
  • 洗剤は、取扱絵表示に(中性)の指定が有るときは中性洗剤で、その他の場合は弱酸性洗剤でもかまいません。
  • 漂白剤は、取扱絵表示にしたがってご使用下さい。
  • 脱水は、軽く水気を取る程度(1分程度)が適当です。
  • 乾燥機での乾燥はお避け下さい。
洗濯機を使用する場合
  • 取扱絵表示に(ネット使用)の指定が有るときは洗濯ネットを使用します。
  • 水量は最大にします。
  • 水流は弱にします。
  • 水温は40℃程度にします。
手洗いの場合
  • もみ洗いは(シワの元になるので)避け、押し洗いをします。
  • 汚れのひどい場合は、つけ置き洗いをお勧めします。50℃程度の水に30分〜1時間つけておくのが適当です。
  • つけ置き後は、通常に洗濯してください。
洗濯後の対応
  • 洗い終わったら、軽く脱水して、そのまま元のレールに吊るして自然に乾燥させるのが最適です。
  • 吊った後は、全体を軽く下に引っ張って寸法を合わせ、全面を手でたたいて しわを伸ばします。
  • アイロンを掛ける場合は、取扱絵表示にしたがって下さい。
クリーニング店に出すときの注意
  • カーテンフックは、必ずはずしておきましょう。
  • トラブルを避けるためにも、カーテンの寸法と絵表示を双方でよく確認し、洗い方を相談してください。